オイルクリニック

定期的にオイルを分析し、部品の内部摩擦状況を把握することで故障前整備が可能となります。

オイルクリニックとは

故障には、劣化故障(特性が次第に劣化し、事前の検査または監視によって予知できる故障)と突発故障(事前の検査や監視によって予知することができず、使用中に突然生じる故障)があります。
部品の劣化に関しては、定期的に機械各部のオイルを分析し、オイルに含まれる金属成分と不純物を調べることで、外部からは見えない部品の摩耗状況を把握することができます。
見えない部分までしっかりチェックでき、危険信号も事前に発見できますので、故障前の処置が可能となります。故障前修理により休車時間の短縮と修理費の削減が可能となります。

エンジンオイル、作動油、旋回マシナリオイル、ファイナル(終減速)オイル、アクスルオイル、ミッションオイルを定期的に採取し、最新のICP分析器で鉄、銅などの金属摩耗紛濃度を測定します。

  • 採取するオイルは機種により異なります。

検出された金属の種類と濃度により、部品ごとの摩耗促進度合いが把握できます。

例えば、エンジンオイルの分析で鉄の濃度が基準値を超えるとピストンリング及びシリンダライナが摩耗していると推定されます。